スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は、教養記述道場!

FS_F1025M.jpg
だいぶまた、間があいてしまいました。
実は、また私の特別講座(道場)が開講します。
今度はずばり
「教養記述の攻略法」
です。
前回までは京都駅前本校だけでしたが、今回は梅田でも開講です。
梅田駅前本校では
「地上/市役所編」
が3/21(日)14:00~16:30、
「国家II種編」
が3/22(月)15:00~17:30
です。
また京都駅前本校では
「地上/市役所編」
が3/22(月)10:00~12:30、
「国家ll種編」
が3/27(土)18:30~21:00です。


先日、私は憲法の専門記述道場を担当しました。
ただ専門記述だけでなく教養記述も、多くの受験生が対策に悩むところです。
それは択一試験と面接の対策で手一杯で、なかなかそこまで手が回らないからです。
また、
「何が正解か」
という明確な答えがなく、採点基準がご自身でわかりにくいです。

これも記述が
「勉強しにくい」
と言われる理由かもしれません。


そして一方で、こんな意見もあります。
「教養記述は文章力で勝負だ」
「…対策講義を聴いたところで文章が書けるものではない」

なるほど、この意見は一理あります。
文章力は、実際に練習しなければ身につきません。
講義を聴いたからといって、すぐに文章が書けるようになるとは、とても思えません。

そこで、例によって私の講座はお節介です。
なんと、課題として示した問題の全てを
「添削課題」
として、メールで送信してもらえたら何通でも添削するというおまけ付きです。
というか、実はこっちが本体と言っていいでしょう。
私の講座は、ただ書き方を伝授して終わりではありません。
出題可能性の高いテーマについて答案に書いてほしい
「最低限の知識」
を確認したら、あとは実践練習あるのみです。

明日から講義続きです。
大変ですが、楽しみでもあります。

いつものように、私は講義のあと質問・相談の時間をたっぷり設けています。
ですからいっぱい質問・相談ができます。

ぜひ良かったらいらしてくださいね。
受講料は全2回一括で5,000円、各編別申込みで3,000円です。
スポンサーサイト

心の余裕ということ

ゲンカイツツジ
いつも思うことですが、ほんの些細なことで激怒する方が時々あります。
先日も私は、電車の中でただ肩が触れただけで、見知らぬ男性に激怒されました。
でも逆に、やわらかな優しい対応に心和むこともあります。
昨日は同じように肩が触れた男性が、私からは何も言わないのに丁寧に謝って来られました。
その謝りかたがとても自然で爽やかだったので、その後も私は、ずっといい気分で過ごせました。
一体、この違いは何でしょう。
それはきっと、その方の心の余裕の違いです。
心に余裕がない方は、言葉も行動も殺伐としてきます。
逆に心に余裕があれば、言葉や行動に潤いが出てきて、ますます物事がうまくいくようになります。

ここで心の余裕とは、
「悟りを開く」
とか、
「平常心でいる」
といったすごいことではありません。
不安とイライラでいっぱいでも、
「大丈夫!」
と言葉だけでも宣言し続ける態度です。


公務員試験でも資格試験でも、受験生はいらいらして過ごすことが多いです。
試験の合否がその後の人生を左右するわけですから、それは当然のことでしょう。
誰しも
「うまく学習がはかどらない」
「面接がうまくいかない」
「本番でなかなか実力を出せない」
など、いろいろ悩みは尽きません。
本当に試験勉強は、思うようにならないことの連続です。
ですから、精神的に不安定になるのも分からないことではありません。

精神的に不安定になること自体は自然なことです。
何も恥ずかしいことではないと思います。


実は、不安に向き合うことは幸せなことです。
確かに、誰でも不安な状態が続くのは嫌です。
試験勉強も順風満帆に乗り切れれば越したことはありません。
でも、人は不安と同居することによって成長させて頂くことができます。
それは、この上なく貴重な経験です。
そして人は、次のステージにステップアップすることができます。
きっと人の一生は、このことの繰り返しなのでしょう。
本当は、心に余裕がある人なんていないと思います。
受験生に限らず、みんな今日を必死で生きているだけです。

なぜなら人は誰でも、
「目の前のステップアップの課題」
に今まさに取り組んでいるからです。

人それぞれ課題は違います。
でも人はみな、何らかの課題を与えられ、まさに
「それぞれの宿題を解く」
のに必死なのではないでしょうか。

結局、人は
「余裕のある顔ができる人かどうか」
で差がついていくのでしょう。

この違いは大違いです。
こうしたことが、学習生活の
「勢い」
の違いになって現れてきます。
私がいつも、朝起きたら
「今日はいい日だ!」
と宣言し、夜寝るときは
「よくやった!」
とご自身をねぎらうようにと話すのはそういうことです。
本当に形だけで構いません。
形だけでもそういうことができる方が、試験に強い方なのです。
余裕がある人なんていません。
「余裕がある顔ができる人」

「余裕がある顔ができない人」
がいるだけです。

このことに気づくと、だいぶ気持ちが楽になります。

公務員試験や資格試験の受験生でなくても、イライラすることはいくらでもあります。
それは、家庭ごみのようにどんどんたまっていきます。
頻繁に掃除をして、気持ちをクリーンに保ちましょう。
そして、腹が立っても楽しそうな顔をして過ごしましょう。
文句やグチや悪口を言えば言うほどむなしくなります。
本当に心に余裕がある人なんて、そうそういません。
でも、余裕なんてなくてもいいのではないでしょうか。
余裕がなくてもあるような顔が自然にできる人…
そういう過ごしかたができれば、楽しく不安と同居できるようになるのです。

試験に強い人というのは、そういう人なのです。

長いトンネル

カンヒザクラ
試験勉強は、長いトンネルを掘っていく作業に似ています。
「あとどれだけ掘れば向こうに達する」
ということが、なかなか分かりません。
ときには何度も
「もう無理なんではないか」
と思ったりもします。
ただ、トンネルというものは正しい方向に掘り続けていけば必ず出口があるものです。
出口があると信じ続けて掘り続けられるかどうかです。
それさえできれば、本当に大丈夫なのです。

試験勉強がうまくいく人といかない人の違いは何でしょう。
それは一言で言えば
「失敗経験に学ぶこと」
でしょう。

うまくいかなかった経験にしっかり学び、
「そうか、こうすればいいんだ」
と思ったら、そういうふうにご自身の身体を慣らし、てなづけていくことです。
最初は誰でも、失敗したりつまづいたりします。
そういうことを恐れずに、何度でも何度でも根気よく励めるかが重要です。

また、悪い習慣が知らず知らずのうちに身についてしまうこともあります。
ですから、
「悪い損な習慣にはまっている」
と気づいたら、本当に本気になってご自身をてなづけなければいけません。

ただここで注意すべきことがあります。
それは、
「根性で歯を食いしばろう」
とか
「禁欲主義に徹しよう」
としないことです。
ご自身のありのままの個性をまず認め、尊重することです。
決して
「自分を変えよう」
というのではなく、いい習慣を上から塗り重ねていくのです。

例えば筆記対策で
「どうも完璧主義に陥っている」
と思ったら、意識して優先順位をつけて学習するクセをつけることです。
また、面接対策で
「なんとなく反抗的な印象だ」
と言われてしまう方は、普段から柔らかい物言いをする練習をすることです。
とにかく全てが練習です。
練習すれば、たいていのことはできるようになっていく…
それが試験勉強です。

公務員試験や資格試験に強い人、弱い人はいます。
ただそれは、長い間の習慣の反映です。

普段から試験向きの考え方をしている方は試験に強いです。
ですから、試験に強い人の発想を身に付けるといいでしょう。
そういうことを意識して習慣づければ、必ず本番に活かされます。
そして、その後の仕事でも活かされます。
トンネルには、必ず出口があります。
そしてそれは、遠い先のことではありません。
「必ずうまくいく!」
「絶対合格だ!」
と毎日宣言して気合いを入れましょう。
それが継続的にできるかたは合格できるのです。


確かに試験勉強は、長いトンネルのようです。
先の見えない不安は、ずっと付きまといます。
何度も何度も、諦めの気分になるかもしれません。
でも、それは大丈夫です。
なぜなら、
「もうダメだ」
と思ったときから、本当の勝負が始まるからです。

トンネルの出口は必ずあります。
さあ、明日も前進あるのみです!
しっかり気合いを入れましょう☆

それは「慣れ」が解決してくれる

ツルニチニチソウ
よく
「試験勉強はどこまでやってもきりがない」
という方があります。
確かに、公務員試験でも資格試験でも、
「受験勉強」
はどこまでやっても、合格するまでは終わりがないように見えます。

また、試験勉強を始めた最初のうちは
「どうやって勉強したらいいか分からない」
という方も多いでしょう。

こういうとき、どうしたらいいのでしょうか。
今回は、このことについて書いてみました。

公務員試験でも資格試験でも勉強を始めてすぐは特に、まずは
「土台を作ること」
に徹したほうがいいでしょう。
土台を作るというのは、
「基本的な知識理解」
「基礎的な問題解法の習得」
といったことに集中するということです。

こういうことがしっかりできる方は確実に合格できます。
いきなり難しい応用に飛びついてはいけません。
それは、試験であれば全て同じことです。
公務員試験でも資格試験でも、基本が本当にしっかり分かっていれば少なくとも
「合格点」
はつくようになっています。

「応用ができなければ合格できない」
と感じるのは、たいてい錯覚です。
まずは基礎・基本です。
このことは絶対に忘れないことです。

最初から人は器用ではありません。
ですから、頑張っても気持ちが空回りしてしまうこともあります。
特に最初のうちは、人は学習することに慣れていません。
だからうまくいかなくて当然です。
それはそれでいいのです。
あまり最初から効率や器用さを追い求めないほうがいいでしょう。
最初のうちはとにかく、基本的な知識・理解を定着すべく
「過去問を回すこと」
それと並行して
「テキスト。レジュメを読み返すこと」
が第一です。
そして疑問点を発見して、講師の質問を繰り返すことです。
こうした
「当たり前のこと」
を継続できる方は本当に限られています。


私はよく
「初学者は、くだらないことでもどんどん質問してください」
と話します。
あまり早いうちから賢い人を目指すと疲れてしまいます。
そうではなく、ひたすら言われた通りに励めばいいのです。

また、講師にある程度いろいろと頼ってもいいと思います。
受講生のみなさんの多くは、講師に対して遠慮がちです。
でも、それは損なことです。
どんどん、何でも質問してほしいと思います。
そしてその質問も
「まずご自身で考えて、悩んでから」
してください。

こういうことを繰り返すと、真の意味で学習が身についていきます。

試験勉強は、合格の声を聞くまで終わりません。
でも、必ずゴールのある道です。
「どこまでやってもきりがない」
ということはありません。
試験勉強に限らず、たいていのことは
「慣れ」
で解決するものです。

頭でいろいろ考えて悩むより、とにかく行動してみることです。
最初はうまくいかなくても、試行錯誤を繰り返しているうちにだんだんとうまくいくようになります。
そして、悩んだときは一人で落ち込むのではなく講師に相談することです。
試験に限らず、何事も自力と他力をうまく使い分けることが成功の秘訣です。
必ずうまくいきますよ!
がんばりましょう☆

講義が終わってから、全てが始まる

20090707093004.jpg
このところ忙しくて、本当にご無沙汰してしまいました。
ちょっと時間的に余裕ができたので、また更新できるようになりました。
また良かったら、読んでみてください。
できる限り、これからも更新できるようにがんばります☆

私の講座についての考え方はちょっと変わっています。
それは、
「講義が終わってから全てが始まる」
という考え方です。
普通、
「講義が終わったら講師の仕事は終わり」
と考えがちです。
確かに、講義が終われば
「一段落」
ではあります。
ただそれは、本当に
「一段落」
であり、始まりに過ぎないのです。


私はよく、講義のあと
「何か質問は」
と聞きます。
「質問があれば何でも気軽に聞いてください」
と告げて、必ず最後の一人が教室を出るまで帰りません。
それは、どの先生でもたぶん同じことでしょう。
ただ、たいてい質問は少ないです。
「1回講義を聴いたくらいで全て理解できるはずがない」
と思うのですが、ほとんどのみなさんはそのまま帰ってしまわれます。
どの講師も、
「いっぱい質問してほしい」
と思っているはずです。

でも、受講生のみなさんのほとんどは、結局そのまま質問しないままになってしまいます。

では、なぜ質問が少ないのでしょうか。
実は受講生のみなさんの質問が少ないのは、ある意味当たり前のことだと私は思っています。
それは
「何を質問していいのか分からない」
ということが多いからです。

言い換えれば
「分からないところ自体がはっきりしない」
「なんとなく分かったような分からないような」
というのが、講義が終わった時点での多くのみなさんの感想なのではないでしょうか。

だから、
「質問をしないから問題意識が足りない」
とは必ずしも言えません。
私だって、講師になる前、講義直後には何を質問していいか分かりませんでした。

誰でも講義を聴いたそのときは、なんとなく分かったように感じます。
講師は話すのが仕事ですから、滞りなく一気に話すからです。
ただ実際に問題を解いてみると、分からないことだらけです。
家に帰って、ご自身の頭で改めて考えてみて初めて、本当に理解することになります。

結局、問題を解いてみないと始まらないのです。
だから私は講義のときメールアドレスを教えて質問を受け付けます。
これに答えて初めて講義は完結すると考えているのです。
講義を受講されるみなさんは、
「実力アップの時間」
に対して受講料を払ったはずです。

だから講師には責任があると思うのです。
それは、受講生のみなさんを徹底的にフォローする責任です。

私の講座についての考え方は、きっとこれからも変わらないでしょう。
講師は徹底的にサービス(=学習フォロー)をする仕事です。
それは、ほとんどが無料の人助けです。
「道場=特別講座」
などの有料の講座を組んだ場合でも同じことです。
こうした場合、私は講義よりもむしろ
「講義が終わってからのフォロー」
に力を入れています。
きっと私は変な講師なんでしょうね。
でもそれが気に入ってくださるみなさんもおられます。
だから私は、こうしてこの学校に居場所があるのでしょう。
これはこれで、ありがたいことです。
プロフィール

Author:専任講師
関西地区で公務員講座を担当するLEC専任講師です。
憲法・民法・行政法担当。
面接対策も担当です。
何でも気軽に聞いてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
このブログをご覧になったみなさんの合計です。
私の講義予定♪
【質問日】                                                    私とじかに会って相談できます☆                                      お気軽にいらしてくださいね♪                                         2/5(金)16:00~19:00                                            京都駅前本校                                                   2/15(月)16:00~19:00                                           梅田駅前本校                                                   2/16(火)16:00~19:00                                           京都駅前本校                                                   2/23(火)16:00~19:00                                           京都駅前本校                                                                                                                                               【生講義】                                                        たった150分で攻略!憲法記述のツボ(2月道場)                           2/20(土)14:00~16:30基本編                                   今年出題が予想される憲法の記述テーマのポイントが、3色の色分けでしっかり頭に入る私の書き下ろし「特製レジュメ」がもらえます!                                    2/25(木)14:00~16:30裁判所事務官編                               知らない内容を問われた場合のうまい書き方が分かる、私の特製レジュメがもらえます         2/27(土)14:00~16:30国税専門官編                                事例が出題された場合の「落とされないテクニック」が満載の私の特製レジュメがもらえます     (京都駅前本校)                                        2/3に申し込み受付開始しました。                                 1回2000円、3回一括で5000円です。                                                    奈良県立大学学内講座「教養記述の書き方」                            3/2(火)18:00~21:10                                           奈良県立大学学内講座行政法                             12/24(木)18:00開講!                 毎週木曜日                                                   18:00~20:10                                                                                                         びわこ成蹊スポーツ大学学内講座面接対策                             2/19(金)13:00開講!                                            近畿大学学内講座行政法(入門講座)                               2/26(金)18:10開講!                 毎週水・金曜日(3/5・19は休み)                                  18:10~21:20                                      【ガイダンス】                                         地上国Ⅱ・国Ⅰ受講相談会                                      2/21(日)13:00~15:00                                      神戸本校

ジオターゲティング
                             
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。